狭小地や建ぺい率、容積率オーバー

外観

 

当社は狭小地の物件、建ぺい率・容積率オーバーの物件なども積極的に買い取りしております。中古一戸建てから店舗付き住宅・ビル物件も対応してます。

これらの物件は購入者の方で住宅ローンが利用しづらかったり、築年数が古く水漏れ箇所や雨漏り、ひび割れなどが見つかりトラブルになるケースも多かったりします。

当社ではそんな物件も強化買い取り中です。

既存不適格

建築物を建てたあとに、法令などの改正により建ぺい率や容積率がオーバーしてしまってる状況のような建物は既存不適格となります。増築することで面積がオーバーしてしまうのは違反建築となります。この二つは混合されることもありますが意味が異なります。

ローンがつかえない

既存不適格物件や違反建築物、再建築不可、狭小物件などは住宅ローンが利用できないことがあります。

狭小物件なども金融機関によって制限があり、40平米以下は対応不可となることもあります。

 

不動産仲介業者様へ

・境界明示の立会いいりません、瑕疵担保免責です、諸条件相談可

・現況渡しでOKです、残置物ありのままでご相談下さい

売却依頼がきたけど、対応が難しい案件も当社では買い取ります。

 

個人のお客さまへ

他社で難色を示されてしまった場合はまず当社までご相談下さいませ。

現地調査や売却のアドバイスから買い取り保証までいたします。

現地調査や価格査定はすべて無料で行っておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

狭小地の物件や築年数が古くなってリフォームも入ってない物件の場合は

不動産仲介会社様に売却依頼をしても、1年経っても成約までいたらないケースも多いです。

 

狭小物件はフルリフォームの予算がおさえやすい

狭小物件はリフォーム面積が減ります。外壁、屋根、内装面積の大きさが小さくなる分

工賃や材料費も安くなるので、予算がやすくなります。

都心部の物件であれば、400万円から500万円の予算を組んで、リノベーションしてしまって

貸家にしてしまうのもありでしょう。

買い取りしてます!

当社は積極的に高く買い取りしてる理由として、下請けのリフォーム会社が多くあるからです。

古家やボロボロの家を綺麗にして、景観を良くしよう・防火対策をしよう・物件を甦らせようをコンセプトに

不動産の再生計画に真剣に取り組んでいます。

リフォーム等では利益を取らずに、買取査定した時点で仕入れから販売までの事業計画をしっかりたてています。

売主様、協力会社様、仲介会社様、買主様にも利益をもたらせるようウィンウィンの関係を築けるにしていきたいと思っております。