売却仲介のメリット

一般的に不動産の売却は不動産会社が買取をせずに、仲介という形で不動産会社が購入希望者を募集して、売却します。
したがって、購入希望者も個人の方、売却する人も一般の個人の方が多いです。

メリットは希望の価格で販売できるため、高い価格で成立となるケースも多くなります。
デメリットはいつ売れるかはっきりできない点です。
上記の点につきましては弊社の豊富な実績とノウハウでお客様のご希望に合う方法で不動産売却のご提案をさせていただきます。

また当社ではAthomeやhome's・REINSなどの不動産ポータルサイトだけの広告集客に頼らず、当社顧客への優先的なご紹介・現地折込広告・近隣営業なども行っております。なかなか他社様で話がまともらない方は当社までお気軽にご相談下さいませ。


売却仲介のデメリット

売却までにはある程度の期間が必要になる場合もあります。

購入希望者様の銀行ローンの審査もあり、売却の成立まで時間がかかる場合がございます。また再建築不可の土地建物は一般的に大手金融機関の住宅ローンを利用することができません。
但し、当社提携の金融機関で住宅ローンを組むことができますので住宅ローンを希望した購入希望者様にも再建築不可の土地建物をご紹介できます。
ご依頼の希望額で成立する場合も多いです。


弊社は仲介で売却を希望するお客様には仲介でのご売却をお勧めしており、決して無理に買取を勧めることもしておりません。 仲介がふさわしいお客様には仲介での売却をお勧めいたします。

 

高く売却するために

再建築不可物件を高く売却するためには需要があれば問題ないです。

建替えができない不動産はリフォームで建物の状態を再生するしかないです。但し、間口が狭い、作業者が出入りしづらい、大工工事がかなり必要になる。
上記のようなリフォームがむずかしい道路状況や物件の場合は、リフォーム費用がかなり高くつきます。

再建築不可物件はリフォーム費用が高くついてしまうことも多いです。そんな再建築不可物件を買ってくれるとしたら、だいたい下記の理由となってきます。

需要があるエリア

駅から近い物件、なかなか物件情報が出てこない人気エリア、土地の価格が高くて手を出しづらいエリアなどです。
そもそも土地が安いエリアなどで再建築不可物件の需要は低いです。そのようなエリアで駅から遠い、駐車場も無い(つくれない)土地建物は売却が困難となります。

相場より安いから

相場より安いからこそ、再建築不可物件に興味を示す人は多いです。リフォームされてない物件だとしたら、買主のほうでリフォーム予算も考慮しなければいけません。

リフォーム予算を含めて考慮して安い価格帯であれば売却するのも容易です。

高く売却したい場合は販売する前にリフォームをしておいたほうが良いでしょう。
当社のような不動産の再販業者も再建築不可物件をフルリフォームしてから販売に出します。

仲介会社の査定価格と成約価格

不動産仲介会社が高く査定をしてくれたから、安心して売れると思ってた・・・そんなお声もよくいただきます。

再建築不可物件の場合は、レインズ等(不動産業者間データベース)に掲載されてる過去の成約価格はほとんどの物件が販売価格よりだいぶ値下げをして成約となっています。

高く査定をしてくれたから安心して不動産仲介会社と専任媒介契約をするのは良いですが、その査定してもらった価格で売れることは少ないです。