アパート・共同住宅の物件も買取します

老朽化し空室が多く入居率も悪いアパート、立ち退き交渉もできない家賃滞納者も多いアパートも買取いたします!アパートの大家様にとって、最大のリスクは老朽化となります。
築年数が古くなることにより、新築時に比べて入居率も悪くなってしまいます。

またリフォームのたびに、修繕費や管理費もかかってしまいます。また昔のアパートで、建替えの際に再建築不可であることや既存不適格のケースも多いです。

また、大家様ご本人も建物とともに高齢を迎えるパターンが多く、
実際に家賃滞納者の対応もままならず、入居者や管理会社、保証会社とのやり取りなど、アパートの大家様は気苦労を重ねていらっしゃる方も多いです。

当店では直接買取します

老朽化してあらたに建替えがが築年数が古いアパートの買取りなら当社までご相談下さいませ。
現入居者の方への立ち退き交渉や転居に関する話し合いは、当社の賃貸部門ににて転居先の斡旋や引っ越しのお手伝いなどスムーズに対応させて頂きます。
建物の取り壊し後の土地活用も、当社にて一括して行います。500万〜10億円まで最短1週間で決済可能です。
買い手がなかなか見つからない、早く物件を売却し現金化したいなど・・・お気軽にご相談下さいませ。

 

再建築不可のアパート

既存不適格、再建築がむずかしくなってしまったアパートも多いです。
借り手がつかずに築年数も古く、ながく管理をしてない物件も密集市街に多いです。
新築のアパートやマンションに比べると、借り手がつきづらいです。
また建て替えができないので、築年数で絞って賃貸物件を探してる方々の条件に引っかかってこないのでしょう。

再建築不可のアパートは建て替えができる可能性を探すか、リノベーションしてしまったほうが良いでしょう。
水まわりの設備が新しく内装が綺麗であれば、築年数が古くても気にしないという方も多いです。

 

ボロボロ、全戸空室のアパート

全戸空室になってるような築古アパート・ボロボロのアパートを全戸満室にもっていくには
周辺のアパートの賃料相場を調べた上で競合物件に勝てるポイントをつくっていかなくてはいけません。
相場より賃料が安くても、水まわりの設備や劣化が著しい箇所は補強・補修・交換をしておきましょう。

ボロボロの賃貸アパートをリノベーションする予算もしくは管理していく維持費・手間・税金を考えると
もう面倒だと思ってしまう方は売却してしまったほうが良いでしょう。

 

リノベーション

再建築不可物件をフルリフォーム、リノベーションするとなると、相当の予算を組む必要になります。
ボロボロの古家アパートだと基礎や柱の補強から外壁や屋根、設備交換、排水管や内装材をすべて交換する必要性もでてきます。
解体して建替えしてしまったほうが予算もかからずにすむかもしれません。
しかし、建て替えができない物件となると、お金がもっとかかってしまうフルリフォームをすることになります。
最低限のリフォームやリノベーションをするにしても建築会社やリフォーム会社と要相談をする必要があるでしょう。